タグ別アーカイブ: Apache

mod_rewriteを使わないcoolなurlの作り方

mod_rewriteは便利だけど、その条件数が膨大になったり、
.htaccessファイルがいろんなフォルダに散乱すると大変なことになる。

$_SERVER[“REQUEST_URI”]を使って、URLを整理する方法(Apache 2.0.30 以降で可能)があるらしいということで実験。

まずは、スラッシュなどの記号がURLエンコードされた(%2F)がURLに含まれる場合、うまく動かなくなるらしいので
AllowEncodedSlashes On
を、httpd.confに追記する。

httpd.conf
<VirtualHost *:80>
ServerName localhost
AllowEncodedSlashes On
</VirtualHost>

こんなファイルを用意する。
a
<php
$args = explode("/",$_SERVER["REQUEST_URI"]);
$args = array_map('urldecode', $args);
$args = array_map('htmlspecialchars', $args);
print_r($args);
?>

拡張子が残っていると見栄えが悪いので、以下の.htaccessを置いておく。
.htaccess
<FilesMatch "^a$" >
ForceType application/x-httpd-php
</FilesMatch>

試しにこのURLにアクセスしてみる。
http://localhost/example.com/test/cool-uri/a/test/%2F

出力結果
Array
(
[0] =>
[1] => example.com
[2] => test
[3] => cool-uri
[4] => a
[5] => test
[6] => /
)

$args[5]とか$args[6]とかを使って分岐処理したらいいだけだね!

おーし、サーバーにアップしてみようかな!

AcceptPathInfo ディレクティブ
説明: 後に続くパス名情報を受け付けるリソースの指定
構文: AcceptPathInfo On|Off|Default
デフォルト: AcceptPathInfo Default
コンテキスト: サーバ設定ファイル, バーチャルホスト, ディレクトリ, .htaccess
上書き: FileInfo
ステータス: Core
モジュール: core
互換性: Apache 2.0.30 以降で使用可能

さくら: Apache/1.3.39
XREA: Apache/1.3.39

(´・ω・`)

Ruby on Railsを試す

前回(RubyをApacheで動かす)の続きです。

RubyGemsでRuby on Railsをインストールします。
gem install rails -y

これを実行すれば、railsコマンド使えるようになります。

試しに、これを実行してみます。
rails -v

Railsのバージョンが確認できるはずです。

Railsはデフォルトでsqlite3を使うので、これに必要なWindows用バイナリとDLLを拾ってきましょう。

sqlite3.exe
sqlite.dllをパスの通ったディレクトリ(C:\ruby\bin)にコピーしてください。

次にRDBMSを利用するためのライブラリをインストールします。
gem install sqlite3-ruby

Windows用の sqlite3-ruby(mswin32)を選択します。

これでとりあえず完了!

では、早速Hello Worldアプリケーションに取り掛かることにしましょう。

プロジェクトの作成
rails address_book

コントローラを作成します。
ruby script\generate controller welcome

\address_book\app\controllers\welcome\hello
を以下のように編集。
class WelcomeController < ApplicationController
def hello
@hello = "hello world!" + Time.now.strftime(" at %Y-%m-%d %H:%M:%S")
render :action => :hello
end
end

\address_book\app\views\welcome\hello.rhtml
にHTMLテンプレートを用意する。
<html>
<p><%=h @hello %></p>
</html>

サーバーを起動させてみる。
ruby script/server

http://localhost:3000/welcome/hello/
にアクセス。うまくいった!

次に、テーブルの作成とコードを自動生成してみます。
ruby script\generate scaffold friend name:string nickname:string birthday:date

migrationファイルが一緒に生成されます。
NOT NULL制約、サイズ制限などを追加する場合は修正。
class CreateFriends < ActiveRecord::Migration
def self.up
create_table :friends do |t|
t.string :name
t.string :nickname
t.date :birthday
t.timestamps
end
end
def self.down
drop_table :friends
end
end

migrate。
rake db:migrate
(in C:/Program Files/Apache Group/Apache2/htdocs/ruby/address_book)
== 20080704044225 CreateFriends: migrating ====================================
-- create_table(:friends)
-> 0.0780s
== 20080704044225 CreateFriends: migrated (0.0780s) ===========================

きちんとテーブルが生成されたか調べてみる。
sqlite3 db\development.sqlite3

出力結果
pment.sqlite3
SQLite version 3.5.9
Enter ".help" for instructions
sqlite> .tables
friends schema_migrations
sqlite> .schema
CREATE TABLE "friends" ("id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "name"varchar(255) DEFAULT NULL NULL, "nickname" varchar(255) DEFAULT NULL NULL, "birthday" date DEFAULT NULL NULL, "created_at" datetime DEFAULT NULL NULL, "updated_at" datetime DEFAULT NULL NULL);
CREATE TABLE "schema_migrations" ("version" varchar(255) NOT NULL);
CREATE UNIQUE INDEX "unique_schema_migrations" ON "schema_migrations" ("version"
);

サーバーを起動させてみる。
ruby script/server
http://localhost:3000/friend/

管理画面ができあがってる!?

RubyをApacheで動かす

初めてのRuby Yugui (著)
大型本: 224ページ
出版社: オライリージャパン (2008/6/26)
言語 日本語
ISBN-10: 4873113679
ISBN-13: 978-4873113678
発売日: 2008/6/26
商品の寸法: 24 x 18.6 x 1.6 cm

オライリーの新刊「はじめてのRuby」を興味本位で読んでいたら、Ruby on Railsを試したくなった。
いっちょやっとく?

まずは、Rubyをインストールしなければ!
http://rubyforge.org/projects/rubyinstaller/

Apacheで動かすためにこれをダウンロードする。これもインストール!
http://rubyforge.org/projects/rubyforapache/

Apacheで動作させるために、Apacheの設定ファイルhttpd.confを修正します。

httpd.conf
LoadFile "C:\ruby\bin\msvcrt-ruby18.dll"
LoadModule ruby_module modules/mod_ruby.so
<IfModule mod_ruby.c>
RubyAddPath C:/Program Files/Apache Group/Apache2/lib/mod_ruby/lib
RubyRequire apache/erb-run
<Files *.rhtml>
SetHandler ruby-object
RubyHandler Apache::ERbRun.instance
</Files>
RubyRequire auto-reload
</IfModule>

ちゃんと動くかどうか試しに…
test.rhtml
<%
hoge = "hoge!"
print hoge
%>

出力結果
hoge!

hoge! OK!!

さくらインターネットとXreaともにRubyが使えるね。
何か作ったらアップできる。